ひたちサンドアートフェスティバル企画運営実績|ひたちサンドアート実行委員会様

当日のイベント運営

サンドアートフェスティバルの目玉にもなっているアーティストたちが創作する砂像。


体感アトラクション スカイステージからの眺め

入場ゲートの1つを「ひたっち編集部」が担当

飲食ブース「ひたち屋台村」

体験型アトラクション「水鉄砲サバイバル」

ダンスや音楽、クイズなど華やかなステージも設営


フィナーレは劇場型花火

制作物

A2ポスター

絆リング

うちわ製作。当日配布も請け負いました。

生活情報誌「ひたっち」の告知1ページ

生活情報誌「ひたっち」に掲載された当日の取材記事2ページ

団体名ひたちサンドアート実行委員会様
制作物【制作物】
・A2ポスター A4チラシ ・絆リング ・うちわ製作(製作希望の協賛企業様分)・生活情報誌「ひたっち」(事前1ページ・事後見開き特集記事2ページ)
【イベント運営】
・事前準備 ・入場ゲート担当(入場受付・うちわ配布)・催し物参加 ・事後特集記事用取材・撮影

お客様の要望

2010年から8回目の開催となるひたちサンドアートフェスティバル。環境省選定の『快水浴場 百選』にも選ばれた河原子海岸を中心に、日立の海水浴場の活性化を目指して年1回催されている夏のイベント。実行委員会に参加ている生活情報誌「ひたっち」の編集部は、広報と当日の運営にも携わる企業として、より多くの集客や認知度UPに繋がる施策を考えて欲しい。

提案のポイント

1.入場ゲート3つのうちの1つを生活情報誌「ひたっち編集部」で担当。また、うちわを配布して、うちわ製作をした協賛企業様の広報と真夏の屋外イベントらしい「涼」の提供を行う。2.来場者(中学生以上)に絆リングの販売(入場料)。当日身につけていただくことで、地域への想いを共有できるアイテムとする。3.市内広報用のポスターとチラシを制作し、イベントの周知に活用 。4.生活情報誌「ひたっち」で、イベント前広報とイベント後の特集記事で当日の様子を紹介し、参加者へのリフレイン効果と見込客への認知向上施策としてイベント全体の印象を強調する。

◆イベント・催事について詳しく見る
イベント・催事ページ

◆生活情報誌「ひたっち」商品ページを見る
「ひたっち」
◆印刷物ページを見る
「印刷物」


カテゴリー

イベント企画・運営実績チラシ・DMノベルティフリーペーパーポスター・メニュー制作実績印刷物日立市カテゴリーの記事